押入れのスペース、見せる?見せない?

主婦建築士 伊藤由美子です。

ゴールデンウィークですね〜。
どう過ごしてますか?

自営の わたしには、
ゴールデンウィークと言っても
あんまり日常の生活とは変わりないので、
ピンときてませんが、

昨日、一つの押入れの中を
必要無いものを片付けました。

また、ゴールデンウィーク中に、
「もう一つの押入れの片付けをしよう!」
と思っています。

要らないものは捨てるか、
若しくは
売るために、まとめる予定。

明日から
主人も息子も休みで家に居ますが
手伝ってくれそうに無いので(苦笑

「これっているの?いらなの?」

と聞いて、いるかどうかを
判断してもらうつもりです。

 

押入れの有効寸法って。。。

 

押入れって、一般的には
1間 (1820mm) × 3尺(910mm)
の大きさが多いと思いますが、

この押入れの大きさ。
実際、収納するところの有効寸法って
約 幅1650mm × 奥行き800mm
(1m65㎝ × 80cm) になります。

奥行きだけ考えると
布団を入れるのには
たしかに丁度いいのですが、

布団より小さな物を収納するときには
工夫が必要です。

(ちなみに、洋服を掛けるための収納は
奥行きが600mm(60cm)
ぐらいあれば、用を成します。)

押入れに物を収納する時には、

・奥行きに合わせた収納ケースを使い
収納する。

・奥行きが深いため
奥のものが取り出しにくさを感じるので
可動できる収納棚を活用する。

・高さを有効活用するために
途中に仕切り棚のような物を入れる。

・布団が結構かさばるので、
圧縮袋でコンパクトに収納する。

などのように
奥行きや高さのスペースを
有効活用出来ると良いですよね。

押入れを収納とするだけでなく、
見せるスペースとして活用も。

 

最近、DIYで、
自分で家の中をカスタマイズされる方も
多いみたいですよね。

押入れを扉を閉めたら
見えないという収納だけにするのではなく、

扉を取ってしまってオープンにして、
押入れの中段を机代わりに使ったり、

ちょっとした
趣味のコーナーのスペースに使う方も
いらっしゃいます。

『見えない収納から見せる収納にしてしまう』
『押入れを収納以外のスペースで使う』

という発想の転換は、
物を吟味する必要がありますから、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本当に必要なものだけを
自分の周りに置いておくことが出来る
_________________

ということにも繋がりますね!

やっぱり、どちらにしても
気持ちよく、今あるスペースを使えると
嬉しいですよね〜。

・・・

「あなたの家は、 押入れのスペースを
見せる?見せない?

どのように奥行きの深い押入れを
工夫してますか〜?」

良かったら、教えてくださいね〜!

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部