風景を切り取った窓の効果

今日、近くの公園の緑道を散歩してたんです。
ずっと緑道沿いにある桜の花が綺麗で…

「気持ちが、ほんと和むよ〜( ˘ ㅂ ˘ ♡) 」

そんな時に、
「この風景を切り取りたい!」

と思って、写真を撮ったりしませんか。


主婦建築士 伊藤由美子です。

そういえば、わたしの弟の家は、
この季節、すぐ近くの用水路沿いの桜が
ダイニングから見えるようにしてあります。

「また、桜の咲く春がやってきたね〜」

と家族で会話が出来るように。

土地を見に行った時に、
その用水路沿いの桜の木がある風景を
わたしも
「切り取りたい!」と思ったのですね。

設計士は、間取りを考える時に、
家の中の使い勝手だけを
考えてる訳ではないのです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どこに窓を配置するか。
どんな窓にするか。
___________

ということも考えながら、
家の中にいても、
拡がりを感じられる
工夫をしようとしています。

そして、窓の中でも、

「この風景を切り取りたい!」

という一枚の写真や絵のように
考える窓のことを

『ピクチャーウインドウ』 って言います。

例えば、

・玄関を入った正面の坪庭を映す窓。
・リビングから見える庭を映す窓
・キッチンから見える
    隣の庭の大きな木を映す窓 など…

家から外に向かって、
抜け感を作ることが出来るし、
窓を、通して見る景色から
四季を感じることも出来るので

見るたびに、
心落ち着く時ともなるので、
長くそこに住む人にとっては
効果絶大だと思うんですよね〜。

周りに素敵な風景があれば
写真を撮る時のように
うまく「切り取りたい」ものです(σω<)☆

あなたの家には、
そんな素敵な風景を取り込んだ窓

「ピクチャーウインドウってありますか〜?」

もしあったら、
どんな窓からの風景か教えてくださいね!
良かったら、
写真付きで〜♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪

(追伸)

この写真は、
今日のわたしの「切り取りたい」
と思った風景のベストショットです♡

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部