この春、入学式。 「一体感のある一つの場」に触れる幸せ

2017年4月6日、この春の1日。
息子の高校の入学式でした。


主婦建築士 伊藤由美子です。

入学式が行われる前、

先生方や在校生の方や、
とても丁寧に案内してくれたり、

そして、笑顔で
しっかりと挨拶をしてくれる姿に、

「あー。とても気持ちがいいし、良い高校だな」

と思いました。

親としては、 どういう環境の中で
子供が過ごしていくのかを
心配することがある と思いますが、

学校の雰囲気が良いことを感じて、
少し、ホッとしたところはあります。

・・・

そのあと、
入学式が始まるとすぐに、

吹奏楽部の部員の方たちからの
お祝いの演奏が行われたのです。

その演奏を聴いていると、
一人一人の気持ちの籠った演奏が
その場を創り出し、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「一体感のある場」というのは、

思い出に残るような感動を与えたり、
心が清々しくなるような気持ちにさせてくれる

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ものなのだなと
改めて感じさせてもらえました。

「家づくり」も同じなんですね。

同じ図面を書いたとしても、

家を創りたい人と
家を創る人が一体感を持たないと
本当の意味では良いものは出来上がらないから。


今回の演奏でも、
何度も楽器を練習したというだけでなく、
全体としての呼吸の合わせ方や、
心を一つにしていかないと

そういった感情を
人に起こさせることが出来ないのだと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
新入生を暖かく迎え入れたい
______________

という純粋な気持ちも伝わってきたんですね。

同じ演奏をするにしても、
その心持ちで、
人に与える感情は変わると思います。

「一体感のある場」が持つパワーを
感じた春の入学式の1日でした。

(追伸)

最後に、この吹奏楽部での
わたしにとっては、
卒業以来、◯十年ぶりかの
懐かしい校歌の演奏を聞きました。

実は、息子の入学した高校は
わたしの母校なのです。

校舎は随分と古くなってしまってましたが、
明るい高校の雰囲気と
清々しい気持ちにさせてくれた

吹奏楽部のわたしの後輩たち。
そして、うちの息子の先輩たち。

ステキな演奏を、ありがとう!

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部