絶妙な相槌(あいづち)は心地いい♡

主婦建築士 伊藤由美子です。

そういえば、 最近、
「絶妙な相槌(あいづち)ですね!」
と言われることがあります。

「ヘぇ〜そうなのね〜。」と
思いながらも、

わたしが一躍かっていることが
出来ているのかと思うと
素直に嬉しい言葉だったりします。

音声でのメールマガジンや動画、
そして、イベントなどで
相手の方の話を聴く進行役をすることが
何故か多いのですが、

その時に、
わたしが集中していることは、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「相手の最大の理解者」
になるつもりで話を聴くこと。
______________

なのです。

相手の方の話を
興味深く聴けば聴くほど、
自然に相槌(あいづち)も打ちたくなりますし、

そして、「もっと知りたい! 」
と思うので、質問も出てきますね。

この場合、
わたしは話し手では無く、
聴き役なので、

自分をアピールすることや、
自分の話をすることは、
最小限にするようにしています。

そして、 相手の方に、

「リラックスして
気持ち良く話をしてもらうこと」

に意識を持っていっています。

わたしは司会業でもなく、
プロインタビュアーでもないので、
正直、まだまだな所はあると思いますが、

きっと、
建築士やインテリアコーディネーターとして、
今までに300組ほどのお客様の
〝家づくり″に関わり、

その御家族の、いろんな話を聴いて、
それを「家」という
一つのカタチにしてきた経験が
きっと、活きているのかもしれません。

「最大の理解者で居たい。」

という気持ちを持って
相槌(あいづち)を打ち、
話を聴くことは、
相手との信頼関係もつくることが出来て、

「心地よい場、
そして、時間を過ごしてもらえますね」

話し手の方ではなく、
聴き役を経験していくことでも、
まだまだ、これから
心地よい場、楽しい場を創っていけそうです♫

(追伸)

男性は、「話を理解してもらいたい」
と思うかもしれませんが、

女性は、「話を聴いてもらいたい」
という気持ちが強く、
アドバイスは必要ないことも
多かったりします。笑

「そうなんだ!」
「それは大変だったね」
「それでどうしたの?」

と上手に相槌(あいづち)を
してあげられる男性は
やっぱり、モテるんでしょうね(σω<)☆

「最近、絶妙な相槌(あいづち)♡ うってますか?」

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部