すぐに恋に落ちてしまうかもしれない。

「あー!
信頼するって、こういうことなんだ!!!」

と体感した、わたしがそこに居ました。

それは、先日、東京で行われた
2日間のワークショップに、参加した時の話です。

そのワークショップの中で、
「信頼のワーク」というのを行ったのです。

このワークは、
どういうワークかと言うと、

『一人の人が目をつむり、
もう一人の人が、
その人の手や身体を介助しながら、
会場から、 外へ一緒に連れ出していく。』

というもので、
一切、話をしてはいけません。

最初、わたしが目をつむり、
ペアになった22才の男性が介助役。
(わたしの息子でも、いい年齢。笑)

全く、その時に初めて会った人です。
どんな人かも、お互い知りません。

二人で一歩ずつ、ソォーと歩き出しました。

でも、
会場から出る前、その22才の彼が、

「どうしようー!どうやればいいだろう!」

と戸惑い、 彼の心の中の気持ちを
わたしは感じてしまったのです。

目をつむって、何も見えない わたしは、
急激に不安な気持ちになりました。

そして、前に進むことが
「怖い!」と思ったのです。

でも、その後、
その彼も徐々に慣れてきて、
わたしも、ここで気持ちを切り替えました。

「彼が居るんだから大丈夫。
多少、何かにぶつかったとしても
大したことは無いよね!
よし!彼にそのまま委ねてみよう。」

とシンプルな心持ちで
気持ちを切り替え、ワークを続けました。

すると、不思議ですね。。。
なぜか、わたし自身も安心して前に進めるし、
ペアになった彼との歩調も
すごく合って心地よさも感じたのです。
そして、気持ちにも余裕が出たのか、
ペアになった 彼の良さも感じ始めたのです。

階段を降りるとき、
わたしが不安にならないように
先に手摺を触らせて、

そして、

階段の段板に降りる前のわたしの足の前に
自分の足を持って行き、ここが階段だよ。
と分かるような合図をしてくれたのです。

こういった、心配りも嬉しいものでした。

____________________________________

人は、心の持ち方ひとつで
相手を不安にさせることも
安心させることも出来る。

もし、そこに言葉が無かったとしても、
相手への ちょっとした配慮で
信頼も作ることができる。

____________________________________

ということを
改めて、体感したワークでしたね。
これは、
お母さんの心の状態が不安定だと、
その赤ちゃんが、不安になって
ずっと泣き続けてしまったり 、

逆に、お母さんの心の状態が安定して
余裕がある気持ちをもって育児をしていると
赤ちゃんも、穏やかに過ごせるのと
同じことだと思います。

そういえば、 うちの息子は
ほんと、いつもニコニコ穏やかだったぁ〜。
この 「信頼のワーク」を通して
体感したことを、

これから、
誰かをナビゲートしたりアシストする時も
心の持ち方を、
ちょっとだけ意識してみようと思っています。

「信頼のワーク」
良かったら、やってみてくださいね!

(追伸)

これは、独身カップル同士が
恋愛マッチングで、
この「信頼のワーク」をやったら
すぐに恋に落ちてしまうかもしれませんね。笑

まあ、わたしは主人が一番ですけどね〜!

この写真は Facebook友達の
竹内 健さんが撮影した写真をお借りしています。

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部