家をつくる時に、どこに依頼したらいいの?〜ハウスメーカー編〜

主婦建築士 伊藤由美子です。 

さて、今日は、
家をつくる時にどこに 依頼したらいいの?

ということで

「 家づくりを一緒にしていく相棒探し 」

の話をしたいと思います。 

家づくりを一緒にしてくれる
作り手は大きく分けて3つあります。

● ハウスメーカー

● 工務店

● 設計事務所

それぞれ、特徴がありますので、

今日は、ハウスメーカー 
についての話をしようと思います。

私は、以前
大手ハウスメーカーで、
働いていたことがあります。

その時に感じたことを、そのまま書きますね。
 

大手ハウスメーカーは、
資金力もあるため、開発力が素晴らしい。

新しい商品を開発する上で、
(私としては家を商品と呼びたくないが。。。)
市場調査がきちんとされ
時代の流れに合わせて
考えられています。

今だけでなく、将来を少し
見据えた提案を含めた
家の商品が出来上がってくるんです。

そして、
商品に対しての仕様がしっかりと
決められているんですよね。
 

仕様というのは
外壁や屋根のデザイン、色、
床や壁のクロス、建具や
設備関係のメーカーや色などなど

働いている多くの社員が
混乱せず
統一の意識をもって
案内できるようにしてあるのです。

 

だから、あまり、
多くの打ち合わせをせずに
決められたものの中から、安心して選びたい。

という方には
いいかもしれませんね〜。

その代わり
標準の仕様が
しっかりと決まっているため、

他の商品の仕様に変更した場合
追加料金も、きっちり決まっています。

 

それから、
一概には言えませんが、 
 

その会社で、
いつも使っていない仕様のものに変更したい
と思っている場合は、

それを
できるだけ避けたいという傾向にあります。
 

多くの社員を抱えているため
手間をできるだけ減らし
利益率を上げたいためと、

いつもと違うことをやって
クレームに繋がるような可能性
が高くなることを非常に嫌がります。

 

あと、展示場で出会う営業マンが
最後まで担当者になり、窓口になるので、

最初に展示場で会った時に
何だか、合わないないし
調子がいいなと感じたら
アンケートに答えないか

「建築時期は未定だし
突然の訪問はしないでください」

とはっきり伝えましょう!

でも、本当に
真剣にお客様のことを考え、
家づくりをされている
営業マンの方々もたくさんいますので
良い出会いがあるといいですね。

そして

展示場はスゴく広くて
いろんなデザインをして
標準以外のものも多いので、

契約する前には
どこまでが標準であるかを
しっかりと確認しておいて下さいね。 

 

これは、私の体験談なのですが、

契約してから、
私が打ち合わせをさせていただいたお客様で、
営業担当者から
しっかりと仕様の話をされておらず、

1つ1つ
仕様を決めていくごとに

「え、展示場と違うじゃないの?」

と言われ続け、

「展示場と同じものができると思ってた!」

と言われ、

最後には、

「詐欺じゃないの!!!」

とまで、言われてしまいました。

そういう時に限って、
その担当営業が同席してなかったりします。
  

言われっぱなしで
ツラいのですが
会社側の落ち度なので
誠実に対応していくしかありません(^_^;)

 

この話は、たまたま
私が経験してしまったことですが
ほとんどの場合は、
ちゃんと分かって契約されています。

ただ、言いたいことは

不明なことは
しっかり確認してから契約してください。

ということです。

 

今回は、
ハウスメーカーと言っても
私が経験してきたのは、大手の会社なので
中堅のハウスメーカーは
また、少し様子は違うかもしれませんが
1つの参考にしてくださいね。

 
当たり前のことと言えば
当たり前のことなんですが、  

家をつくる時にどこに依頼するかは

いろんな会社を
自分たちの目で確認し、
自分たちに合った
会社を見つけていきましょうね〜! 

   

image

 

 
無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部