場をつくることの意味

主婦建築士  伊藤由美子です。 

沖縄から帰ってきています。

 

あっという間の4日間でしたが
とても充実した中身の濃~い
イベントを主催した私にとっても、
大きな転機になるような旅だった
と思います。

 

旅の始まりから終わりまで
過ごした時間の中で
参加していただいた方々の
それぞれの変化を
感じることが出来たこと。

そして

旅のまだ、途中なのに
「また、ぜひ、
こういう旅の企画してください」
って言っていただけて

主催したものとしては
嬉しい限りです。

「はい!やります!」 と
手を挙げたことによって
そんな幸せを感じることが
出来るのです。

 

本当に「やったもん勝ち」だと
思います。

建築士として仕事をしてきましたが
「家」という
目に見えて形があるものだけでなく

目には見えなくて、
形は無いかもしれないけど

そこに「場を作ること」
私にも出来るんだと改めて感じました。

今回の旅を実行するまでに
いろんなことがあったりして
途中、ストップしそうに
なったりすることもありましたが
開催することが出来て
本当に良かったと思います。

旅のスケジューリングをしたり
告知の文章を考えたり
一つ一つの作業をする中で
祈りの気持ちで行ってきました。

そして

旅の中では、自分自身の感情を
フラットに保てたことも良かったです。

でも、それ以上に
参加していただいた方々と
沖縄で、御世話になった方々が
いろいろと周りのことを
真剣に考えてくださったり、

楽しい時間や
めちゃめちゃ可笑しい時間もあり...

「一人だけでは、絶対に出来ないこと。
みんなの気持ちが
一つになっているからこそ出来る
エネルギーの高い ¨ 場 ¨ 」 がそこにありました。

 

これからも
そんな「場をつくること」を
たくさん行っていきたいと思います♪

輝く人々が
ますます増えますように。  

 

image

 

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部