日本人の美しい技術

主婦建築士 伊藤由美子です。

「組子って、見たことありますか?」

きっと、どこかで見かけたことあると
思います。
 
 

今、浅草橋のカフェにいますが
そこの衝立のガラスに
組子の麻の葉模様が描かれています。

 image
   

これは、飽くまでも
麻の葉模様を
ガラスに張り付けたものですが
 
   

「組子」は実際には
次の写真のような
木を細くカットしたものに
釘や接着剤を使わず 、
   

一部分に溝をつけたり
穴を開けたりして
木と木を組み合わせる技術。  

image
 
   

和室の欄間(らんま)や 建具などに
使われたりするのを
見たことがあることも多いと思います。
 
 

日本人の職人が
一つ一つ丁寧に拘りながら
仕上げようとする心意気が
素晴らしい作品を生み出します。
 
 

そんな、丁寧に仕上げた作品を
見ているだけでも
時間を忘れて美しいなぁと
見入ってしまいますね。
 
 

なかなか、以前に比べると
職人の数も少なくなっているようですが
こういう美しいものは
ずっと、残っていってほしいですよね。
 
 

「あなたの周りにある
職人の美しい技術が生きているものが
あったら、是非教えてくださいね。」

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部