当たり前の基準

 

主婦建築士 伊藤由美子です。

「自分にとっては、当たり前のことだけど
他の人には当たり前では無い
ということってありませんか?」

例えば、私の場合は
建築士なので
自分が考えて書いた平面的な図面が

実際に家として建てられたときに
どのような感じになるかは
だいたい分かっています。

でも、それって 建築のプロでないと
なかなか、普通には分かりませんよね。
  
 

そして  

それも最初から分かるわけではなく
幾つかの経験を通して
だんだんと今は分かるようになってきた。

ということなんですよね(^-^)
 
 

これは

情報発信していくことも同じだと思ってます。
 
 
 

自分では
「当たり前」と思っていることを
わざわざ、人に伝えることも無いと思ったり

自分では「当たり前」すぎて
そこに価値があるなんて
考えてもみたことがない。

ということは
結構、あると思うんですよね~!
 
 

他の人には
「当たり前ではない」ことを伝えていって
喜んでもらえたというのが

私が情報発信を始めてから、
投稿していた
家に関する間取りの話です。
 
 
いろんなところにも本が出てるし
わざわざ、そこを私が話しなくても....

とも思ったことはありましたが

勇気をもって、記事を出してみたら
いろんな反応から
「必要としてくれる人がいるんだ! 」

と思い、今はメルマガに
その時の記事とその時に頂いた
読者の方からの大切なコメントを
掲載させてもらっています。
 
 

どこに 自分が他の人に役に立つ価値が
あるかは分かりませんね。
 
 

この、家の間取りの話だって
実は、建築のプロの人からしたら
すごーく当たり前のことを
言っていたりするんです。
 
 

でも、私は誰に対して
家のことを発信しているかというと

建築のプロの方ではなく

家を作りたい人、家を既に作った人に
発信しているのです。
 
 

だけれども
家を作りたい人に発信していても

コメント欄に入る
家をこれから作りたい人、
家を既に作った人のメッセージは

建築のプロの人にも
実は、参考になることも多いのです。
 
 

自分が「当たり前」 と思っていて
こんなこと必要ではないかも...

と思っても発信してみたら
意外と面白い反応があるかもしれませんよ♪

 あなたの 当たり前が他の人にとっては、
大きな価値になることは多いかもしれません 。 

 

 image

 
 

無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部