そもそも、何故それを求めていますか?

主婦建築士の伊藤由美子です。
 
最近は、建築関係だけでなく
いろんな方とお話させていただく機会もあり
いろんな気づきをいただいています。

ありがとうございます😊

相手の方の話を伺うときに
以下の3点を気にしながら聴こうと
思っています。

①その人は未来にどうなりたいのか? 

②その人は具体的に何を求めているのか? 

③そもそも、それは何故なのか? 
 
 

この3点の問いかけは
私が今まで何百組と
インテリアコーディネーターや建築士として

「家づくり」を一緒にさせていただく時に
お客様へのヒアリングの内容と
同じだということに気が付いたのです。
 
 

【 家づくりを通して
家族と、どういう未来にしていきたいのか?】

【 それによって具体的に
どういう形にしていきたいのか? 】

【 どうして、そのようにしていきたいのか? 】
 
 

というヒアリングと同じなんですね。
 
 

それを建築士は
実際に「家」という形にしていく仕事。
 
 

相手にこの3点の問いかけを
相手に聴こうと思うならば

「じゃあ、自分は?」って思い

自分にも問いかけてみました。
 
 

この問いかけって
とても基本的なことを聴かれているので
意外と私自身も考えてみると
少し時間がかかりましたね〜。
 
 

特に「そもそも、それは何故なのか?」

という問いかけ。
 
 

これは、自分の顕在意識だけでなく
潜在意識、無意識なものに
意識を向けないと分からなかったりすることも
あるような気がします。
 
 

家づくりでも
直接、家に関する説明をしたり
聴いたりするよりも
 

まったく違う雑談の中から
その人が本当に望むことが見えてきたりします。
 
 

だから、敢えてたくさん雑談をする。
 

私の場合、家の説明より雑談の方が
得意だったりします(笑
 
 

ただ単に、
建築士は雑談しているだけでは無いんですよ。
相手の方を知ろうとしているのです。
 
 

『 どういう発信 』をしていくにしても
『 どういう仕事 』をしていくにしても
『 どういう人生 』を歩んでいくにしても
 
 

3つの基本的な問いかけを
自分自身にも、問いかけ続けていくことが
大切なんだろうなと思っています。
 

「あなたは、そもそも
何故、それを求めていますか?」 

 

13174071_781322602003220_2519821393286971814_n
無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部