一つのことを突き詰める人

 

主婦建築士  伊藤由美子です。 

 

“ 木材・木造の「劣化」を知る
伝統木造の耐久性確保策の基本 “

という勉強会に行ってきました。

悲しいことに大震災が数年ごとに起こっています。

大震災後の木造家屋の被害を調査すると
倒壊した建物の損傷部分は  

 

木材が菌類などによる腐れや
シロアリやシロアリ以外の甲虫類の食害による
生物劣化が見られることが多いようです。

 

今回の勉強会は
その劣化の特徴や劣化の対策による
耐久性確保の方法などを
知るためのお話でした。

この写真に写っている方が
今回の勉強会の講師で
京都大学大学院 農学研究科の藤井先生です。

お話も凄く分かりやすいし
まさに、研究者の勢いを感じました。

自分が突き詰めたいことを
ずっと研究し続けている人の佇まいがそこにあり

様々な質問にも、
一切浮き足立つような回答はなく
確実に答えていく。
抜群の安定感のあるお話し。

「一つのことを突き詰める人」の生き方は 

 

素晴らしいと感じながら
話を聴いていたのです。

だって、この写真を観てください。  

 

話を一所懸命伝えようとする余り
スライドの前に立ってしまうので
スクリーンに藤井先生の影が
何度となく写っており
資料に被ってしまっていました…(汗)

でも、そんなところも
人間味が溢れていて良かったのかもしれません。

私は、時折、話の内容より、
そのことが気になってしまったりして…(笑

また、6月に第二回目の勉強会がありますので
建築士、大工、工務店などの方々、
一回目参加されていなくても分かると思うので
ぜひ、参加してみてください。  

 

今回の勉強会は
開催前に満席になってしまったようなので
申し込みはお早めに!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆第2回目講座
『 木材・木造の「劣化」を知る。
伝統木造の耐久性確保策の基本。』

内  容:
1.伝統木造の劣化事例。 
2. 対策の実際。
・新築
・既存の改修
・断熱強化と劣化の微妙な関係
3. ストックメンテナンス。
・劣化診断・点検と維持管理
4. その他。
 
日  時: 平成28年6月28日(火)
18:00~18:30  開場 受付
18:30~21:00  勉強会

会  費:¥1000(学生・会員は無料)
※お釣の無いようにお願い致します。

場  所:愛知県産業労働センター
(ウィンクあいち)1109会議室
       
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
※公共交通機関でのお越しを御願いいたします。
 
問い合わせ:
A.C.C.事務局(東海林建築設計事務所内)
TEL/FAX:052-853-9724  
E-Mail :info@tokairin.jp

image
無料メールマガジン配信中

★ 無料メールマガジン配信中!★
家づくりで培った
『居心地の良い空間づくり』を 活かした心地良い家と
家族関係のつくり方や、
情報発信を活かした 心地良い人間関係のつくり方について書いています。

     ↓  メルマガ登録はこちら
快適空間創造倶楽部